Palazzo del Quirinale
クィリナーレ宮

palazzo_del_quirinale日のみ公開、8:30~12:00 
予約不要、5€
Quirinale

1550年に枢機卿イッポリト・デスタが丘の頂上に整備した館が始まりである。その後教皇の夏の滞在地となり、1592年には教皇クレメンス7世が完全にここに移り住んだ。工事はフォンターナ、マデルノ、ベルニーニ、フーガなど代表的な建築家によって継続され、教皇クレメンス12世の時代(1730~40年)にようやく完成した。歴代教皇の滞在は1870年まで続いたが、イタリア統一後は王宮となり、1947年に共和制が敷かれてからは大統領官邸として使われている。
ベルニーニは扉口上部に祝別用のロッジアと、クィリナーレ通りに面する細長い翼廊部分を建築。



Loggia-quirinale祝祭用ロッジアLoggia delle Benedizioni
ウルバーノ8世の時代に
1638年




019-002平面図クレメンス9世のための赤い部屋とその翼廊 Sale Rosse e Loggia
庭の方に突き出ている


Sale Rosse
rosse_salarosse_salaI


rosse_decorazioneIIsalarosse_decorazioneIsala


Loggia 廊下
rosse_decorazionelogge1rosse_decorazionelogge019-003内部