Pasquino
パスクィーノ

044-100パスクイーノ
この彫像は、ギリシャのヘレニズム期の「メネラオスとパトロクロス」像の部分で、パスクィーノ通りとサン・パンタレオ通りの角にある。ベルニーニが特に愛したこの像は長い間ローマの「物言う像」の中でも、一番有名でおしゃべりだった。

マダーマ・ルクツィア Madama Lucrezia、マルフォリオ Marforio、パスクイーノ Pasquino、聖職者ルイジ Luigi、バブイーノ Babuino、ファッキーノ Facchinoらが「物言う像 statue parlanti」と呼ばれ、かつては権力者や高位聖職者に対する風刺や罵倒を浴びせる対象となっていた。