Musei Capitolini
カピトリーノ美術館

031-1009:00~19:00
月曜休み、毎月最終日曜は無料

http://en.museicapitolini.org/

ミケランジェロの設計で有名なカンピドーリオ広場に建つこの宮殿は、16世紀に広場の設計が始まったときすでにローマ市庁舎とともに存在していた。この二つの建物が鋭角に配置されていたために、ミケランジェロは新たに新宮(現在のカピトリーノ宮)をコンセルヴァトーリ宮に対象に配置し、手前に狭く、奥に広い台形の広場を設計した。
司法官の間 Sala dei Magistrati の壁面にはペトラルカ、ミケランジェロ、ティツィアーノ、ベルニーニにローマの市民権が与えられたことが期されている。


031-007カンピドリオ広場カピトリーノ美術館 Museo Capitolino

Palazzo Capitolino = Palazzo Nuovo
Palazzo dei Conservatori (appartamento dei Conservatori)
3Fは絵画館 Pinacoteca Capitolina

この二つを合わせて
カピトリーニ美術館 Musei Capitolini という。
入場は、パラッツォ・ヌォーヴォ/カピトリーノ美術館の地下から。
コンセルヴァトリー美術館の上の方の階にカフェあり。


コンセルヴァトーリ美術館 MUSEO DEL PALAZZO DEI CONSERVATRI
031-008コンセルヴァトリー美術館

1-Ⅰ.オラーツィとクリアーツィの間
Sala degli Orazie e Curiazi

031-101「ウルバヌス8世の像」 Statua di Urbano Ⅷ
1635-40
巨大な台座の上にある。像の部分だけで2mはありそう。




?1-Ⅱ.1-Ⅰの隣の部屋
031-012カルロ・バルベリーニの記念像カルロ・バルベリーニの記念像 Carlo Barberini
1630
教皇の兄カルロの記念像は一風変わったものである。すなわち、古代のシーザーの像の胴体をそのまま用いて、それに新しく首と手足を付けるという奇抜な発想で作られている。手足はアルガルディが受け持ち、ベルニーニは頭部を制作した。このシーザーの胴体につけられた頭部は、教皇の即位で一商人から一転して教皇軍の総司令官になったカルロの、物静かでいかにも実直そうな人柄を感じさせる優れた作品である。だが、全体の像はいかにも不自然で、この奇妙なアイディアがベルニーニの発案でないことを祈らずにはいられない。
BERNINIp81

031-016コンセルヴァトリー5031-017コンセルヴァトリー6031-018コンセルヴァトリー7


1-Ⅷ.Sala delle Oche
031-010メデューサメデューサ Medusa
1635


カピトリーノ美術館 MUSEO CAPITOLINO Plazzo Nuova
031-011カピトリーノ美術館

3F絵画館 Pinacoteca Capitolina
ベルニーニの肖像 ritratto di Gian lorenzo Bernini
ディエゴ・ヴェラスケスDiego Velazquez 作1630年
不明