Basilica di Santa Prassede
サンタ・プラッセーデ教会

27-100Indirizzo: Via di Santa Prassede 9a
Telefono: 06 4882456
Telefono prenotazioni: 06 4882456
Apertura: Tutti i giorni dalle 7 alle 12,30, dalle 16 alle 18.30

教皇ピウス1世が聖ペテロが逗留したとされているプデンス家の二人の娘、プデンツィアーナとプラッセーデに捧げる二つの教会を建立したのが始まり。カロリング期のモザイクが有名。
伝説では、ネロ帝の時代に、キリスト教徒をかくまったプラッセーデ(元老院議員プデンテの娘。前出のプデンッィアーナは姉妹)はこれら信徒と共に殉教し、遺体は井戸に葬られたという。その井戸の周りに、教皇パスカリス1世の命で9世紀に建てられたのがこのサンタ・プラッセーデ教会 S.Prassede である。身廊の床にある、最も入口奇りの円い斑岩の板は、当時の井戸の位置を示すものだ。この教会が見逃せないのは、ローマで一、二を競う見事なモザイクが残っているためで、アプシス(後陣)に残る9世紀のモザイクは、ビザンチンの影響を受けつつ、色彩や構図などの点で高い水準に到達した、当時のローマのモザイク技術を物語る。さらに素晴らしいのは右側廊にあるS.ゼノーネの礼拝堂 CappeIla di S.Zenone のモザイクで、キリストを始め、使徒や聖母、聖プラッセーデ、聖プデンッィアーナなどが、黄金の背景に溶け込むかのような色調の見事な調和は、中世の人々をして「天上の園」と言わしめた。9世紀の初めパスカリス1世が造らせた、ローマで最も重要なビザンチン芸術の例である


プラクセデスとプデンティアナ 2世紀(前者は7月21日、後者は5月19日)L.Praxedes et Pudentiana
〔伝記〕2世紀のローマの聖女。5世紀頃の伝説では、聖ペトロを厚遇した元老院議員プデンスの娘たちをいう。二人は殉教した教徒の屍を清め、手厚く埋葬したため、二人ともに平和の中に死んだのにもかかわらず、殉教者の中に加えられている。父娘ともにサラリア街道のプリシッラのカタコンベに埋葬された。
〔図像〕ローマ市の守護聖女で、手には殉教者の血を洗った海面を持つ


027-104027-101


027-002ジョヴァンニ・バッティスタ・サントーニの記念碑の肖像ジョヴァンニ・バッティスタ・サントーニの肖像 
Monument to Monsignor G.B.Santoni
ベルニーニ最初の作品と呼ぶべきはこのサンタ・プラセッデにある肖像といくつかの小さな像で、これは10歳の時の作品であるという。この肖像というのは、今日も教会に残るジョヴァンニ・ヴァッティスタ・サントーニの墓に付された肖像だと考えられる。027-003ジョヴァンニ・バッティスタ・サントーニの記念碑
だが現代の美術史家は、この肖像が10歳の子供の手になるとはどうしても信じられなかった。そのため、この作品は1613年から16、最も一般的には1615年、つまりベルニーニが16,7歳の時の作品であると考えられてきた。